USBドングルドライバーはどうやってインストールしますか?

問題: 

PLECSのドングル・ライセンスを導入しましたが、インストール方法がわかりません。

解決手法: 
  • 現時点では、PLECSドングル・ライセンスはWindowsOSおよびMacOSがインストールされたコンピュータのみで動作します。
  • OS(Windows Update Service等)が、PLECSのドングル・ライセンスで使用する以外の、USBドライバーを自動でインストールすることを避けるため、使用予定のコンピュターに、適切なUSBドングル・ドライバーをインストールする前に、USBドングルを挿入しないで下さい。
  • 管理者権限でログインして、下記リンクより適切なパッケージファイルを選択して、USBドングル・ドライバーをインストールして下さい。必要な場合は、コンピュターを再起動して下さい。コンピュータにUSBドングルを挿入し、ドライバーのインストールを完了して下さい。
  • USBドングルドライバーに加えて、USBドングルとPLECSをリンクするライセンスファイルをインストールして下さい。ライセンスファイルをインストールするには、ヘルプメニューから「PLECSライセンスマネージャー」を選択して表示されるPLECSライセンスマネージャーGUIで、「ライセンスファイルの管理...」ボタンをクリックし、さらに「インストール...」ボタンをクリックして下さい。

FLEXid 9ドングル

Windows

  1. FLEXID9_Windows_v7_80.zipをダウンロードして解凍して下さい。
  2. コマンドプロンプトを開き、解凍したドングルドライバーが格納されたフォルダに移動して、下記コマンドを実行して下さい:
    haspdinst -i

インストール方法に関する詳細情報は、ZIPファイルに含まれる「readme.html」を参照して下さい。

macOS

  1. FLEXID9_OSX_V7_80.dmgをダウンロードしてディスクイメージをマウントして下さい。
  2. ターミナルを開き、下記コマンドを実行して下さい:
    sudo "/Volumes/Sentinel Runtime Installer Scripts/dinst"

* 注 *: macOS 10.13 ("High Sierra")以降のOSにインストールすると、「System Extension Blocked(機能拡張がブロックされました)」という警告メッセージが表示される可能性があります。その場合は 「セキュリティ環境設定を開く」ボタンをクリックして、「セキュリティの環境設定」ダイアログで、ブロックされたソフトウェアSFNT Germany GmbHに関する通知の横にある「許可」 ボタンをクリックして下さい。「許可」 ボタンが無効になっている場合は、左下隅のロックアイコンをクリックしてダイアログのロックを解除する必要があります。

インストール方法に関する詳細情報は、ディスクイメージに含まれる「readme.html」を参照して下さい。

FLEXid 10 Dongle

Windows

  1. FLEXID10_Windows_v6_40.zipをダウンロードして解凍して下さい。
  2. 実行ファイル「Setup.exe」をダブルクリックしてインストーラーを起動して下さい。
  3. Select the WibuKey components you like to install」のページで全てのオプション選択を解除して、USBドングルのドライバーのみをインストールして下さい。

macOS

  1. WkRuntimeUser_6.60.500.dmgをダウンロードしてディスクイメージをマウントして下さい。
  2. WkInstall.pkg」をダブルクリックしてインストーラーを起動して下さい。

以前のバージョン用(PLECS 3.6~PLECS 4.1)ドングルドライバー

旧バージョン(PLECS 3.6~PLECS 4.1)には、異なるドングルドライバーをインストールする必要があります。下記リストより適切なドングルドライバーを選択して下さい:

名称 USBドングル プラットフォーム(OS) ドライバー
FLEXid 9 Windows 32-bit flexid-9-driver-1-0-1_win32.msi
Windows 64-bit flexid-9-driver-1-0-1_win64.msi
FLEXid 10 Windows 32-bit
Windows 64-bit
WkRuntime_6-30a.exe
macOS (up to 10.12) FLEXID10_OSX_6.30.502.dmg

* 注 *「kRuntime_6-30a.exe」のインストール中に、どちらのWibuKeyコンポーネントをインストールするかを選択する確認画面が表示されますが、全てのオプション選択を解除して下さい。これにより適切なドライバーがインストールされます。